ともに行政(政府)が双方の

JUGEMテーマ:お出かけ



簡単にわかる解説。外貨両替の内容⇒国外旅行または外貨を手元におく必要がある企業や人が利用する商品。近頃は日本円に不安を感じているのか、現金で外貨を保有する動きもある。注意。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。
保険業法(平成7年6月7日法律第105号)の定めに基づき、保険を取り扱う会社は生命保険会社または損害保険会社に分かれた。いずれの場合も内閣総理大臣による免許を受けている会社以外は設立してはいけないのです。
【解説】バブル経済(バブル景気・不景気)の意味は時価資産(例えば不動産や株式など)が取引される金額が無茶な投機により経済の成長を超過してもなお高騰し続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指す。
簡単!ロイズとは?⇒イギリスの世界有数の保険市場である。議会制定法の規定に基づき法人と定義された、ブローカーとシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合そのものを指す場合もある。
覚えておこう、外貨両替って何?海外への旅行または外貨が手元になければいけない場合に活用されるものである。円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
覚えておこう、FXとは、最近利用者が多い、外国の通貨を売買して補償金の何倍もの利益を出す比較的はじめやすい取引である。外貨を扱う外貨預金や外貨MMFに並べても利回りが良く、また手数料等も安いというのがポイントである。FXに興味があれば証券会社またはFX会社へどうぞ。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産の運用で利益を得る投資信託です。気を付けよう、取得から一定期間(30日未満)に解約の場合、もったいないけれど手数料に違約金も合わせて請求されるのです。
福田首相が総理を降りた直後の平成20年9月15日に、アメリカの老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したのだ。この誰も予想しなかった大事件がその後の歴史的な世界的金融危機の引き金になったため「リーマン・ショック」と名づけたのが理由。
タンス預金の常識⇒物価が上昇している(インフレ)局面では、インフレの分相対的に価値が下がるので、すぐには暮らしに準備しておく必要のないお金は、損しないよう安全、そして金利が付く商品にした方がよい。
紹介されることが多い「銀行の運営なんてものは銀行に信頼があってうまくいくか、そうでなければ融資する値打ちがない銀行であるという見方をされて順調に進まなくなるかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)
小惑星探査機「はやぶさ」が地球に無事帰還し話題となった平成22年9月10日、日本振興銀行が誰も予想しなかったことに経営破綻した。こうした事態に、ついにペイオフが発動して、全預金者のうちの3%程度、しかし数千人が、上限額適用の対象になったとみられている。
多くの場合、金融機関の信用格付けというのは、信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関など社債などを発行する会社などに関する、信用力(債務の支払能力など)を一定の基準に基づいて主観的に評価している。
外貨商品。外貨預金というのは銀行が扱える外貨建ての資金運用商品のことであって、日本円以外で預金するもの。為替変動によって発生する利益を得られる反面、同じ理由で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
我々の言う「失われた10年」という言葉は、その国、もしくはどこかの地域における経済が約10年程度以上の長い期間に及ぶ不況、加えて停滞に直撃されていた10年を語るときに使う語である。
【用語】外貨MMFとは何か?現在、日本国内で売買してもよい外貨建て商品である。外貨預金の内容と比較して利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動による利益は非課税なんていう魅力がある。証券会社で購入できます。

スポンサーサイト